Daiwa Investor Relations

企業を探す

企業コード / 会社名
業 種

この条件で検索する

株主判明調査

サービス概要

株主名簿に記載されているカストディアン(株式保管銀行)の名義は、実際の株主とは異なります。実際に投資や意思決定を行っている機関投資家を把握するためには、株主判明調査が必要です。
IR・SRにおける効果的な戦略立案の観点からも、実質株主(投資意思決定者・議決権行使者)を正確に把握する必要性が高まっています。
株主判明調査の結果は、海外IRを始める際にも、訪問先選定等の基礎情報となります。
また、株主判明調査の実施には一定の期間を要するため、プロキシ・ファイト等の有事が発生してからでは、対応が遅れる可能性があり、定期的な調査を実施していくことが有効です。

大和IRの株主判明調査の特徴

弊社の「株主判明調査サービス」は、株主名簿では把握できない国内外の実質的な投資決定者(資産運用会社等の実質株主)を明らかにします。本調査では、世界最大級の株主判明調査会社であるIpreo社との連携により、高い精度・信頼性の調査結果をお届けします。
また、大和証券グループ間の連携により、株主判明調査をより有効にご活用いただくことも可能です。

国内外株主判明調査方法の概要

投資家に株式保有に関する情報開示の義務は原則ありませんが、バイサイド投資家やカストディアンとの関係を活かし、直接のヒアリング等を通じて株式保有状況の把握を行います。

下記表は画面スワイプでご確認ください

株主判明調査の
流れ・スケジュール

実施スケジュール案(3月期決算企業、年2回実施の例)

下記表は画面スワイプでご確認ください

関連ページリンク

  • 投資家アンケート調査

    投資家へのアンケート調査についてご紹介します。

    詳細を見る

  • 企業向けサービス紹介

    企業向けサービス(IRイベント、IRツール、IRサイトコンサルティングなど)についてご紹介します。

    詳細を見る

  • 投資家向け説明会動画

    説明会動画(機関投資家向け説明会、個人投資家向け説明会)やミーティングメモなどを掲載しています。

    詳細を見る