ダイワJ-REITフェスタ

5月30日(日)、「ダイワJ-REITフェスタ2010」を開催しました。

J-REITについて、様々な角度から講演やセミナーを実施しました。

5月30日、大和キャピタル・マーケッツ(株)の主催により、「ダイワJ-REITフェスタ2010」を開催いたしました。今回のフェスタは、“不動産マーケットを読み解く。不動産マーケットの回復の糸口を探る”をメインテーマに、「講演会」 「楽しく学べるコーナー」と「質問コーナー」を展開し、多くの個人投資家の方々に参加いただきました。

J-REITが12社参加、3つのチャネルで巾広い情報を提供させていただきました。

今回のフェスタでは、J-REIT12社について、より多くの個人投資家の皆さまに理解していただくため、3つのプレゼンテーション・チャネルを用意しました。その1つが、経営トップによる「講演会」。各社の経営トップが、それぞれ異なる対象にどのようなスタンスで投資しているのか、その特徴や運用状況の説明が行われました。また、外部講師や大和総研のエコノミストによる基調講演では、不動産マーケットを中心に今後の日本経済の見通しについて語られ、巾広い情報を提供いたしました。
J-REITトップによる“講演会”
▲J-REITトップによる“講演会“
不動産マーケット・J-REITを“楽しく学べるセミナー”
▲不動産マーケット・J-REITを
 “楽しく学べるセミナー”
2つ目のチャネルが、不動産マーケットやJ-REITを「楽しく学べるセミナー」です。ここでは、経営トップがインタビュアーの質問に答えるというQ&A方式のセミナーと経営トップのミニセミナーのいずれかの方式でプレゼンテーションが行われました。様々な質問への回答やプレゼンテーションにより、各J-REITの特徴や他社との違いを知ることができると共に、講演会よりも近い距離でのプレゼンテーションのため、経営トップの人となりを知る機会にもなりました。また、「J-REIT基礎講座」や「J-REITマーケットの今後のポイント」などJ-REIT投資のための様々な知識について大和証券グループの講師が説明にあたりました。⇒当日スケジュールへ PDF [PDF:695KB]
3つ目のチャネルは、個別に、気軽に話しが聞ける「質問コーナー」です。各社が投資している物件のパネル等で投資内容が確認できると共に、スタッフからより細かな説明を受けることができました。多くの投資家が「質問コーナー」を訪れ、更にはテーブルについて、スタッフに質問や相談を熱心におこなう姿がみられました。なお、本フェスタで行ったアンケートでは、「J-REITについて、より理解が深まった」「リートを見直すきっかけになった」「各社を比較して話がきけるのでよかった」「次回の説明会があったら、参加したい」など、本フェスタに対して好意的な回答が多く、更には、同様のフェスタ形式でのイベントの継続開催を希望する声も寄せられました。
個別に話が聞ける“質問コーナー”
▲個別に話が聞ける“質問コーナー”

写真:講演会風景

  • 上場企業の皆さまへ
  • 個人投資家の皆さまへ
  • 機関投資家・アナリストの皆さまへ
  • 情報アーカイブ